自由が奪ばう結婚で後悔

結婚によって以下のようないろいろな自由が奪われ、後悔しています。

(1)体の自由

結婚により、体の自由が奪われます!

独身時代は、仕事から帰って、ご飯を食べたのち、疲れたからとって横になり、テレビを見たり、そのまま寝てしまっても、誰も何もいいません。

しかし、結婚するとそうはいきません。

食後は、食器を洗い、その食器を拭き、食器棚に片づけが終わるまでは、自分勝手な行動をする訳にはいきません。どんなに疲れていようとも、テレビを見たり、横になることは許されません!横になり寝てしまったりでもしたら、しばらく口をきいてもらえませんし、食事も出てきません。たとえ、自分が食器等の片づけをしない場合であっても、洗濯物をたたんだり、部屋の片づけをするなど、共に楽な時間が過ごせるようになるまで、家内労働に従事する必要性が発生します。

また、独身時代は、お休みの日にいくら寝ていても、どこに行こうと何をしようと自由ですが、結婚するとそうはいきません。

眠かろうが、行きたいところがあろうが、相手が行きたいところへ同行し、行き先までの運転手になったり、荷物持ち係になったりと体の自由は許されません!

さらに、結婚により親戚が増えることで正月やお盆の自由が奪われます。

お盆やお正月などの節目では義理の父・母、配偶者の親戚付き合いがあり、完全アウェイの中で大変疲れます。

正月やお盆などありはしません。

(2)お金の自由

結婚により、お金の自由が奪われます。

独身時代は、自分が労働にて稼いだお金は、食事・洋服・遊びなど、何にいくら使っても誰も文句はいいません。

しかし、結婚するとそうはいきません。

自分が労働にて稼いだお金は、一旦家計に入り、そこから僅かながらの分配金が渡されます。資金繰りを考え、100円使うのにも悩み、出来るだけ安い居酒屋を探し、できるだけ安い洋服を購入し、あまりお金のかからない遊びを探します。

(3)精神的な自由

精神的に抑圧されます。独身時代は、他人に迷惑をかけなければ、何をしようと自由です。

しかしながら、結婚すると、他人の人生に対する責任が産まれます。

病気をすれば配偶者に迷惑をかけ、離職や転職についても、何をするにも配偶者に相談し、配偶者同委の上、配偶者に迷惑を掛けないように実施しなければなりません。

自由が奪われてもいい相手じゃないと、結婚生活は続きませんね。

妊活に愛がない?

子作りは本来愛し合う二人に自然と子供が授かるというのが理想的なのですが、なかなか子供が出来ない二人には妊活が必要になります。妊活当初は、ごくごく当たり前に営みを行い、受精を待つのですが、これがなかなか難しく何度してもできない日が続くと営み自体が義務化してくることがありました。

一緒に寝ていて自然と営んでいた行為が、ある時から今日もしますよね?的な感覚に代わってきました。そうするとあまり前向きな感じにとらえられず、愛情の無い営みに代わっていく感覚に襲われました。こういう時は女性の方が積極的なのですが、それは私に対する愛情ではなく、子供ほしさで積極的になっていると思ったときに本来の子供の授かり方と違うのでは?疑心暗鬼になりました。

また、ある一定の時期を過ぎた頃から周囲の目も気になりました。私の両親、妻の両親からはどう見えているのか?どちらに原因があるとか思われていないか?パートナーが冷ややかな目で見られていないか?妻とお互いに気にし合うことが多くなり、距離は離れていくような気持になりましたので、今思うとどちらに原因があるという事は事実なのですがこれを責任追及したら駄目です。

あくまでも原因を取り除くことは重要なのですが、お互いに歩み寄って共に乗り越えるという強い気持ちを持ち続けることが妊活には大切だと思います。

ここで愛情が本当に必要になります。

私は、この時、なぜ妻と結婚したのか?妻を大切におもっているという気持ちを再度見つめなおし、二人で頑張ろうと思いました。この時、妻への愛情が強くなりましたね。

後は、何も知らない人の大丈夫だよという言葉がやけに胸を痛めました。子供がいる方にはわからない感覚だと思いますので優しい言葉がきつかったです。公園で遊んでいる家族をみるとつらくなる時期もありました。いつになったら自分たちには子供が出来るのだろうと悩む日が続きました。

子供に対する感覚は、男と女ですので違うと思います。男はおなかを痛めません、女性はおなかを痛めてまで子供を作ろうとします。これがある限り同じ目線にはならないと思いますので、男性が相手に歩み寄って優しさで包むことが重要ではないかと思います。

最後に、愛する二人であれば必ず乗り越えることが出来ると私は思います。現に私達も頑張りが結果となりました!信じることが大切です。二人で手を取り合い頑張って下さい。

結婚は墓場だとはよく言ったものです

私には結婚をして後悔をしたことがいくつかあります。

まず、一つ目は自分の給料が自分のものではなくなるということです。

独身の時は、自分が頑張って働いたお金は全て自分のものでした。自分で好きなように好きなものを買ったり、自分の服を好きなだけかったり、美容にお金をかけたりできていました。しかし、結婚をすることで、もちろん、配偶者も働いてはいるのですが、お財布を一つにしたことにより、自分の給料は家族のお金になりました。

なので、毎月の少ないお小遣いの中で、自分のほしいものなどのやりくりをしなければいけなくなりました。

それは、結婚して、将来のため、家を建てたりするつもりだし、いつか産まれてきてくれるだろう子供の為などで貯金する額なども増えたので仕方のないことかもしれません。ですが、今まで自分の好きなようにお金を使ってきた私にとってはかなりつらいことでした。

2つ目は生活スタイルが変わってしまったことです。

結婚して、一つ屋根の下で一緒に生活するようになりました。今まで1人暮らしだったので、自分のいいように暮らしてきました。好きな時間にお風呂に入りったり、好きな時間に好きな音楽を大きな音で聴いたり、アロマオイルで部屋を好きな香りにしてみたりと本当に好きなように暮らしてきました。

しかし、結婚して配偶者ができたことで、少なからず相手に合わせなければいけないところもでてきます。

私は、独身時代は太りやすい体質なので18時以降は食べ物を食べない用にしていました。しかし、配偶者はお仕事から20時過ぎごろに帰ってくるので、それだと毎日夜ご飯を一緒に食べられなくなってしまうので、配偶者がお仕事から帰ってくるを待って夜ご飯を一緒に食べるようになりました。

独身時代はいつも1人で食べていたので、2人で食卓を囲めるのは嬉しいことではあります。ですが、太りやすい私は、夜ご飯が遅くなってしまったことだけが理由ではないかもしれませんが、結婚半年で5キロも増えてしまいました。

みるみる太っていく私に配偶者もちょっと困っているようです。

また、独身時代は21時に就寝していたのですが、結婚後は23時就寝になり、朝は起きる時間が独身時代より早くなってしまった為、寝不足の毎日になりました。

アレルギー体質の喘息の子供が生まれ結婚をちょっと後悔

恋愛結婚でしたが結婚してから主人の体質的な事がわかりました。主人はアレルギー体質で喘息でした。まだ若くて体力があったので私はわからなかったのですが結婚して彼の両親から聞いた話では頭は湿疹、喘息で育てるのは大変だったそうです。

長女が生まれ、主人の体質を受け継いでしまった様で生後3か月位から頬はアトピーで真っ赤で、卵アレルギーで1歳の頃には喘息で入退院を繰り返していました。季節の変わり目や風邪をひき咳が止まらなくなると夜中でも救急で小児科に通いました。主人は始めの頃は救急外来に一緒に行ってくれましたが、翌日の仕事が辛い、2歳下の妹が生まれた、私が専業主婦という事もあり主人が家で留守番をして私が救急に連れて行く事が多くなりました。

ドクターに肺を強くする運動をした方がいいとプールを勧められました。4歳から幼児プールに週1回通いました。体力がついてきて少しずつ喘息の発作を起こす間隔が広がっていきました。

アトピーは相変わらずで喘息で入院中も痒いと掻きむしり病院からは弱いステロイド剤が処方されるだけでした、同じ病室に入院していた子供のお母さんがアトピーで痒がっている娘を不憫に思ってか、よい皮膚科のお医者さんを紹介してくれました。「薬が合えばアトピー治るわよ。行ってごらん」娘は紹介された皮膚科の薬があった様で嘘の様にアトピーは落ち着きました。

子供は長女、次女、長男と3人の子供を授かりましたが、長女と長男は主人に体質が似ていて長男も卵が食べられず、喘息気味でした。入院はしませんでしたが、喘息の発作で小児科によく通いました。予方策として子供達3人共、プールに通わせ体力をつけさせました。プールは市営のスイミングスクールで送迎バスがないので週一回、プールまで私が車で送迎していました。

子育てに気を取られ考える暇もなかったのですが、自分の子供だから必死になって病院に通い、入院、プールと行ったり来たりしましたが、もし先に主人の体質がわかっていたら結婚はしなかったかもしれないと思っています。夜中の2時に喘息の発作の娘を抱っこし待合室にいる自分を「私、何してるのかな?」と思った事があります。弱い子が生まれたので仕方ないのですが、どこかで覚めている自分がいて、抜け出せない病院通いと疲労に結婚を後悔した事があります。

家計が厳しい

私は3年前に結婚しました。プロポーズをされる前に、旦那は自分の中で結婚を決意していたのか、転職をしました。今までの仕事よりも安定するし給料も高くなるし、家から近いからもし子供が産まれても子育てに協力できる時間が多くなるという事を私と私の両親にも説明してくれていたので、安心して結婚を決めました。

入籍は1月に行い、同じ年の11月に結婚式をしました。

結婚式は正直私も私の両親も無理して行わなくてもいいという考えでしたが、旦那と旦那側の両親がどうしても結婚式はしたいとのことでしたので行いました。

しかし、私側の両親からはお祝い金として大きな金額をくれましたが、旦那側は結婚式の祝儀以外一銭もありませんでした。

私はその事に衝撃を受けました。私の今まで育ってきた環境では、子供が結婚する時のためにと昔からお金をためてくれているのが当たり前という認識でしたし、私の周りの人たちも全員親からお祝い金をもらっていました。旦那に親から一銭も無いのはおかしくないかと話してみると、旦那は血相をかえて「うちの両親は毎日少ない金で自分たち2人の生活をするだけでも必死なのに、そんな子供の結婚式費用なんかあるわけないやん」って怒られました。

そんな家庭もあるんだと思い、そこはしぶしぶ納得して、結婚式費用として足りない分は自分たちで補てんして何とか結婚式を執り行う事ができました。

その翌年に第1子を妊娠し、私は妊娠8カ月まで仕事をしていましたが育児休暇に入りました。その際に、自分たちの家計を改めて振り返ってみると、無駄な出費をしている事が分かったので、旦那にお小遣い制にしたいと相談しました。

今までは共働きだったので同じ金額をお互いに入れ、残った金額はそれぞれが持っておくという家計でしたが、それではこれから子供のための貯金もしないといけないし、私の育休手当はありますが旦那の給料だけで生活していくようにしないとまずいと思ったので相談しましたが、それに対しての旦那の返事が「お小遣い制はやめてくれ。」でした。

理由をきくと「言わなあかんと思っててんけど・・・実はオレ今年に入ってから給料さがってるし、学生時代奨学金で通ってたから今その返済もせんとあかんくて・・・。」との事でした。

そこで私は2度目の衝撃を受けました。

私の知らないうちに旦那の給料がめっちゃ下がっている事実と、奨学金の返済がありその金額が高額だという事実。お金は生活する上で非常に大事な物ですし、そんな大事な事を今まで黙っていた事に私は非常に腹が立ちました。お金に無頓着な親が親なら子も子だとさえ思ってしまいました。

結婚するまで、決して裕福な家庭ではなかったけれど、何一つお金の事で苦労をせずに育ってきた私が、結婚をしてからまさかこんなにもお金のことで悩まされるとは思っていませんでした。

それからというもの、旦那の給料は私が全て管理するようにし、家計簿もしっかりとつけはじめ、徹底的に家計のやりくりの仕方を変えました。無事に子供の生まれ幸せに暮らしていますが、未だに喧嘩することはお金の事ばかりです。そのたびに私は結婚しなければこんなお金のことで悩まなくて良かったのに・・・と思っています。

お金って本当に大事ですよね。お金はいくらあっても足りません。いつか自分の子供が結婚する時は、同じ様にお金で苦労しないように、今の内から貯金しておこうと思います。

子作りに対する意識のギャップにおいて感じたこと

夫35歳、妻32歳の結婚3年目の夫婦です。結婚をして1年ほど避妊して、それからベビ待ちの生活をしています。

このご時世、お金がないよりあるに越したことがないので、共働きで正社員だった私は産休制度や育休など福利厚生が整った会社だったので、特に辞めようとも思わず、このまますんなり妊娠して、うまくいくだろうと思っていました。

初めの頃は、妊活アプリなど使ってなんとなくタイミングをとっていました。もちろん、運動などしておらず、栄養もサプリで補えばいいやと簡単に捉えていました。

タイミングをとってしばらくしても、子宝に恵まれなかったので、検査ということで病院にかかるようになりました。

その頃から、どうして苦しくて大変なのは女性ばかりなのだろうと感じ始めました。

夫は協力はしてくれますが、禁煙するといっては結局また吸い始めてしまったりと、期待してはだめの繰り返しでした。夫婦で協力しなくてはいけないのにと夫を責めたりしました。

私の友達も、だいたい同じ時期に結婚をしたので、妊娠した、出産したと聞くとショックを感じてしまい、夜眠れなくなったり、毎月生理のたびに泣いてしまう生活を送っていました。病院にいくのも、何回いっても結局同じならと面倒くさくなってしまったり、禁煙について口論になったりとしばらく休んでいました。

ゆっくりリラックスしようと思い、正社員を辞めて、パートを始めました。仕事を辞めることについては、夫の理解があったので感謝しています。やはり、自分の時間がとれることや、家の仕事に余裕を持ってできることにありがたみを感じています。

今の時代は、病院にいかなくても、検査薬を使ったり、アプリでタイミングをみたりできるので助かります。夫も、だんだんと知識が豊富になり、最初のころは自分から誘っていたり頼んでいたりしたことが、夫のほうから次はいつのあたり?と気にかけてくれるようになりました。

1番モヤモヤしていたことは、やはり周りの妊娠話や、病院に通っていたときに妊婦さんをみかけると落ち込んでしまうことでした。子供を将来授かりたいと思っていたら、年齢が若いことに越したことはないので、自分の事ですし、身体のメンテナンスなどできる事は早めにやっておくべきだとおもいました。

仕事を続けられなくなったことが後悔

私は結婚するまで看護師の仕事をしていました。専門学校を卒業して看護師の資格を取り、それから結婚までの13年間、病院は2か所変わりましたが、小児科や内科など様々な場所で良い経験をさせてもらいました。また中堅層になった時には、看護研究や学生の臨床指導にも携わり、自分でも一生懸命働いていたつもりです。

実際に看護師の仕事はとてもやりがいがありますし、いつも患者さんが変化しているので、二つとして同じことがありません。そして患者さんの接し方や、医師の治療方法など学ぶべきことも非常に多く、勉強も大変でしたが、私はこの看護師という仕事が好きで続けることができていたのです。

また看護師という仕事は、女性の仕事の中では、結構お給料ももらえるし、それで、自分の好きなこともできるし、一生結婚しなくてもいいかなと思っていた時期もあります。だって好きなように夜勤だってできるし、昼間は自分の好きなことをして過ごすこともできるからです。

しかしあるときに、私の夫になる人に出会い、交際が順調に進み、結婚をすることになったのです。私は彼のことが好きだったので、結婚することは私にとって喜びでした。もちろん仕事も続けようと思っていました。しかし、ここに盲点がありました。

彼は会社員でしたが、転勤のある仕事です。しかも全国。一度転勤すると早い時で、1年でまた転勤。長くても3年くらいだということだったのです。私は結婚して新しい土地で結婚生活を始めましたが、この就職を探すことがまず大変でした。

本来働くなら常勤を希望し、夜勤もバリバリしたい希望があったのですが、転勤がいつあるか分からない、そのためにもしかしたら長く働くことができないかもしれないと伝えると、みんな難色を示しました。そうですよね?せっかく就職しても辞められたら困りますから。私も理解していましたが、なかなか就職が決まらないことにストレスを感じるようになり、結婚をしたことを後悔するようになったのです。

その後常勤での就職は結局かなわず、現在はパートとして働いています。バリバリとは程遠い働き方ですが、看護師が続けていられるだけ良しとしなければいけませんね。でもちょっとこの人と結婚しなければ…と考えてしまう自分がいます。

田舎の長男の家に嫁いで辛い

私はドがつく田舎の長男の家に嫁ぎました。最初は甘い結婚生活を夢見ていました。綺麗な物件探して、新しい家具や家電選んで、寝室はこんな感じの色合いにして…と楽しい妄想を繰り広げていたのです。

ですが…結婚する前に妊娠が発覚。

慌ててお互いの家にあいさつ、それから両家の顔合わせとなりました。その時から彼の両親との考え方の違い、彼の父親になる自覚のなさ、責任感の薄さに嫌気がさしていたのですが、お腹の子はどんどん育って行ってしまうので安定期に結婚式を挙げました。

ちなみに彼と私は片道4時間ほどかかるところに住んでいたので遠距離恋愛の末の結婚でした。付き合って最初の段階で結婚を前提に付き合ってほしいと言われていたので、そのつもりで付き合っていました。結婚式を挙げる前に預金がどのくらいあるのか確認したところ…ほぼゼロでした。この時に私の中での後悔が訪れましたね。

これが1度目の後悔です。

なぜ結婚を前提にと言った時点で貯めといてくれなかったんだろう。私は昔からお金にシビアだったので結構な額を貯金していました。なので出産するまでは別居の形を取り、出産ギリギリまで私も働きました。その間彼も仕事とバイトをしてくれてある程度お金は貯められましたが結婚式や出産などもあり、またゼロに…。

子供が産まれてからいつまでも別居ってわけにはいかないので嫁ぎ先に訪れると…。

同居の話を持ちかけられました。お金がないのだから当然なことですよね。

義両親の他に義祖父母も住んでいて、水回り一緒の完全同居。全員分の料理を作って、文句言われて、お風呂はもちろん最後。子供を可愛がってくれるのはありがたいけど、ギャンギャン泣いていても私のところには返してくれない。お食い初めや誕生日は親戚中集めてのお祭り騒ぎで私は蚊帳の外。

私の地元もそんなに都会ってわけではありませんが、そこまで田舎ではないので付き合いは濃くないです。でも旦那の地元は人口が少ないので親戚じゃなくても付き合いが濃いため周りも物凄く干渉してきます。もう本当にノイローゼになりかけてます。

幸い子供と一緒にいるときは笑顔でいれていますが、旦那は育児に家事に非協力的だし、私より母親の肩を持つし、いいところが見つからないくらい後悔しています。田舎すぎて子供の人数も少なく、同じくらいの子がいないので今はまだ小さいからいいですが大きくなったときに遊び相手もいないんじゃ可哀想だなと思ってしまいます。私は主婦になる前は国家資格を取りバリバリ働いていましたが、ここには働き口さえありません。本当になんで結婚してしまったのだろうと後悔ばかりですが子供が産まれてきたことだけは嬉しいことなのでまだ救われています。何とかして同居を解消できてもう少し便のいい所に引っ越せるように話し合えたらなと思っています。

子作りに対するギャップは、夫婦で気持ちを寄り添って埋めていくしかない~男女の感じ方の違い

子作りに対するギャップは、子作り計画中の夫婦間で起きてしまうと、イライラの原因となりますよね。ましてや、不妊治療中なのに子作りに対する考え方や、心境の違いが露呈すると、ケンカになってしまったりして、精神的にも体調にも影響してしまいます…。でも、こればかりは、夫婦で気持ちを一つにして臨んでこそ、なので、お互いが気持ちも心も寄り添えるようにしたいものです。

子作りに対するギャップや、今現在をどうとらえているかで、すれ違いが出てきますね。特に女性は、自分自身の身体の状態や、刻々と過ぎていく時間、そしてそれとともに歳をとるわけですから、細胞の老化、卵子の老化も切実に感じてしまうことでしょう。

もちろん、男性も同じなのですが、実感が少ない場合、男女の感じ方はどうしても違います。

この部分に関しては、思いやりの心をお互い持つしかありません。そして、冷静に話し合ってギャップを埋めるしかないかもしれません。

でも、本来、子作りは本能的なものですから、特に男性は、このように子作りに対するギャップを食卓で夫婦で話し合ったりしたら…もうこれは、子作りが作業や仕事のひとつ、みたいに体感してしまって、減退してしまう男性も多いようですね。

さて、子作りに対するギャップは、現在や、近い将来ばかり考えている人と、30年とか先の将来を見据えて考えている人もいるのです。ここにも大きなギャップがありますね。

近い将来をイメージして考えている人は、可愛い子供は自分の宝物で、自分も理想の若い夫婦像…と考えていることでしょう。
こうゆう夫婦は、子供は小さくてかわいい赤ちゃんのまま、そして自分も若くてかわいい理想のパパママのまま、と想像しているかもしれません。でも、子供はいやおうなしにどんどん育ちます。そして、どんな人生を勝手に歩んでいくか、それは親とてわからないものです。子供は意外にすぐに手から離れて巣立って行ってしまいます。

また、30年先を見据えている人は、自分の老後、たくさんの家族に囲まれて幸せに送りたい、または、自分の跡取りは…と将来的な家系を考えている人もいるでしょう。それも実は親の勝手な考えですから、子供にそんな勝手な将来をおしつけて…と夫婦間でケンカになることも多々あるでしょう。

夫婦間でも、子作りに対するギャップは、ぴったり一致させて子作りに臨むには、お互いの考えを理解し合うことから始まるのですね。

ひと月にチャンスはほんの少し

2人目がなかなかできませんでした。

自然任せでなんとか・・・と最初は思っていましたが、その自然というなりゆきとやらがほとんどなくなってきてしまっていたので、真剣に向き合わないと!と焦って数か月。

自分の身体を知るために、毎日婦人体温計で測って、アプリを使って体温を記入して。1人目が自然のなりゆきだったために知らなかったことでしたが、私はかなり生理不順で、いつ次の生理がくるか分かりにくい体質でした。しかも、体温で「そろそろ排卵日かも・・・?」と思いきや、フェイント的な形でまた体温が上昇したりと読めません。

そのため、排卵日検査薬も導入して調べてみても、よく分からず・・・ということがあったので、思い切って産婦人科で見てみることに。

「まだ卵が小さいので、あと○日後くらいかしらね」と見てもらい、「え、まだ全然だったの?!」と衝撃を受けました。

それから毎月産婦人科で卵子の様子を見てもらいました。

当時はネットで排卵日検査薬が買えず、ドラッグストアでも置いておらず、仕方なく中国製のものを売っているサイトで買ったりしていました。

色々なことをネットで調べたり、気にしたり。

どうしたって、視野が狭くなるというか、おおらかではいられなくなります。

妊娠するということ自体が、かなりの奇跡的なことなのではないか?と。

排卵日が1日あって、その前後日しかない上、病院に行って診てもらわないとその排卵日が分からない。

ばっちりタイミングを合わせても、生理は容赦なくやってきて。

新婚当時のラブラブな時期に第1子を設けたときとは違って、それから5年以上経っていたので、「そりゃーできないわ」と思うほどチャンスが少なすぎる日々を過ごしていました。

排卵日が近づくと、私からお願いしていました。

念のため2日連続でやってもらおうにも、「体力が続かない」と断られたりもしました。

夫も2人目が出来たらいいね、というスタンスだった割に、全く知識がないというか調べたりもしないので、そのあたりで特にギャップを感じました。(頼めば相手はしてくれるけど)

世の中には夫婦で頑張って妊活しているところもありますが、妻だけが一生懸命に頑張って調べたり病院行ったりというケースもたくさんあると思います。

私は幸いタイミングだけで第2子を授かることが出来ましたが、考えすぎないようにしようとか、ストレスにならないようにしよう、とかはずっと無理でした。