結婚以前から、お互いに子供がほしいという認識はありました。正直なところ、私は以前子供に接する仕事をしており、子供が大好きではないのですが、嫌いではないというのが私です。知り合いの赤ちゃんなどをみて、かわいいとは思いますし、子供はいたら、彼らのために頑張ろうとするのではないとかは思っています。しかし、現実に自分の住んでいるマンションから子供たちの騒がしい声を聴いたり、近くの公園から子供の駄々をなだめたり、叱ったりしているお母さんたちの声を聴くと、耳をふさぎたくもなってしまうのです。

夜は赤ちゃんの夜泣きをきいたりすると、「私は子供を授かっても、やっていけるだろうか?ひどい親にならないだろうか?」と不安がつのります。最近では、TVなどでDVであったり、子供を愛せない大人たちのニュースをききます。どんなに「かわいい子供」でも、育てていかなくてはなりません。その世話をおもにしていくのは母親だと思いますし、どんなに旦那が協力してくれたとしても大変なんだろうと思うの尻込みします。義理の父母がどんなふうにかかわってくるのか(旦那は一人っ子で、後継ぎ)を考えると、なんともいえない気持ちになるのです。

一方、旦那の方は今も子供に接する仕事をしており、大好きだというところが夫婦の中の「違い」と言えると思います。その「大好きさ」は、親戚の赤ちゃんなどが生まれると、私の義理の父母も一緒になり、まるで自分の子供(孫)が生まれたかのように大はしゃぎをするのです、カメラを持って行って、抱っこをさせてもらったり、一緒に写ったりするなど、その様子を見るたびに、「こんなにも自分との子供をつくること・育てること」についての感覚が違うのだと感じてしまうのです。

結婚して半年が経ち、子供をつくることをセーブしているつもりも、避妊をしているわけでもありませんが、なかなか子供ができません。自分の体、心にも関係があるのかもと考えます。年も、30代後半にさしかかろうとする時期なので、一度産婦人科のほうに行った方がいいということはわかっています。でも、積極的にはなれません。

旦那には、私の正直な気持ちを言葉にして伝えており、理解をしてくれています。ただ、今のままではなんの解決にもならないとは思いますので、自分としても、他の方々のお話や、自分がただ怖がっているだけではなく、私の母もそうやって自分やきょうだいたちを育ててくれたはずなので、勇気をもって善処したいと思っています。