夫婦生活

男女で思いの強さの違いは大きい

私は結婚する前から、結婚したらなるべく早く赤ちゃんが欲しいと思っていました。結婚したのが24歳で、30歳までに2人は欲しいと思っていたので少し焦りがあったのだと思います。今考えればまだ24歳なんて若く、焦る必要はなかったのに気持ちばかり焦ってもったいないことをしていたな、と感じます。

それに対して彼は、結婚したら子供は欲しいとは思っているけど、今すぐにという気持ちではありませんでした。

2年位は2人で過ごし、本当に子供が欲しいと感じた時に子作りを開始したかったようです。彼のこの気持ちも理解できましたので、妊活という言葉は使わずに自分の中でタイミングをはかってしまおうと思っていました。この考えを見透かされていたのかどうかは今でもわかりませんが、彼は必ず避妊をして行っていました。

今日は絶対に大丈夫だよ、と言っても信用されていなかったのか、もしできてしまったら、と思っていたのかわかりませんが、避妊せずに行うことはありませんでした。

どうしてすぐに赤ちゃんを欲しいと思ってくれないんだろう、と悩んだこともありましたが、2人の気持ちが同じ方向に向いていないのに子作りしてもきっと幸せにはなれなかったでしょう。

それでも諦めきれなかった私は、3ヶ月おきくらいに「そろそろ赤ちゃんどう?」と聞いていました。

その気持ちが通じたのか、結婚してから1年が過ぎたころ、ようやく彼も赤ちゃんがいてもいいなと思いはじめたようです。

だからといって「今日排卵日!」みたいにガツガツはしたくなかったので、今までと同じように性交を行っていました。

彼は気持ちが変わってからも、「運よくできたらいいね」というスタンスで、一方の私は「1ヶ月でも早く欲しい、次の生理がきませんように!」と祈る思いでした。この気持ちを表に出してしまっては、彼の負担になるだろうと思い自分の心の中にとどめ、ひっそりと強く願っていました。

彼からはそういった気持ちを聞くことはとうとうありませんでしたが、子作りを始めてから1年ほどで待望の赤ちゃんを授かることができました。

結局夫が言っていた「結婚してから2年」ほどの妊娠となりました。思いの違いはありますが、授かった我が子はとてもかわいがってくれています。

3人目の子作りに対する考え方の違い

夫とは結婚6年目で、現在4歳半の娘と3歳の息子がいます。夫は結婚する前から子供は3人欲しいと希望していました。私自身も3人兄弟だったので、子供を3人持つことに違和感はありませんでした。そして3人産む予定で1番目と2番目は年を近く授かれたらと思い、その通りに2学年差で授かることができました。

ここまでは結婚当初から思い描いていた夫婦のプラン通りにいっていましたが、二人の子供を産んで育てているうちに私の考えは変わっていきました。

まずは2学年差とはいえ1歳半しか違わない子供二人の面倒をみるのは、思っていたよりもはるかに大変なことでした。寝不足なんて3年以上続いたのではないでしょうか。まとめて育つので下の子が3歳になった今はだいぶ手がかからなくなりましたが、ここまでは本当に自分の時間が全くないし、出かける気も起きないくらい大変でした。

そんな忙しい生活を送っているうちに3人目に対する気持ちが揺らいでいきました。私としては男女それぞれ授かっているし、それで十分だという気持ちが大きくなりました。

また、23歳で結婚し25歳で娘を出産し仕事を退職していたので、20代後半は育児に時間をかけてきました。30歳になる今年は、下の子も幼稚園に入園するし、自分の時間を作りたいという気持ちも強く芽生えるようになりました。少し息抜きにお茶をしたり、時間を見つけてパートをしたり、そうした充実した時間をもう一度過ごしたいなという思いが強くなっていました。

そこで夫から3人目そろそろ考えないかと言われました。確かにどんな顔をしているのかとか今の二人とどう遊ぶのかとか考えたら夢も膨らみます。でもそれだけでは子供は産めません。お金もかかります。そしてまた自分の時間を犠牲にしなければならないのです。こう考えてしまう時点で、子供を作るべきではないと私は考えています。

私は今の考えを夫に話しました。

夫も私に3人目を望む気持ちがないのなら無理にとはいわないとは言ってくれたものの、何度か3人目どう?と聞いてくるのであきらめてはいないのだと思います。

私が不安なことは経済的な面と他に3人も面倒をみていく自信がないことです。育児にあまり向いていないと自分でも感じる上に、1番最初の子の育児でうつになりました。夫はそれに気づいていませんし、仕事が忙しく泊まりになることもあるので、そういった面も心配です。

最大の不安は夫が子供を欲しがる割には手伝いをしてくれないことです。息子のおむつがえなんて片手で数えられるほどしかしたことはありません。毎週趣味の野球に明け暮れていた当時、育児なんてしていませんでした。息子を妊娠していたとき、もう二度と子供は作らないという誓いを勝手にたてていたほどでした。それは夫には話していませんが、世話をしてくれないし、3人目は無理だと言いました。すると、3人いたらさすがにやらなきゃなと思っていると言ったのですが、なぜ2人だったら何もしなくていいのかわからず、口だけだと思って受け入れてはいません。

子供を持つには女性側に相当の覚悟がいると思います。10か月お腹で育て、出産するのは女性にしかできません。それをできるか、支えてくれるパートナーなのか、時期的に問題はないのか二人でたくさん話し合って決めるのがいいと思います。

素直に折れる心、コレが一番

円満な夫婦とは、はたしてどのような物でしょうか?お互いがぶつからず、いつまでも仲が良く、チャーミーグリーンな老後を目指す関係、恐らくは、そうした物を円満な夫婦と呼んでいるハズです。

しかし、我が身を省みれば、円満とは程遠いご夫婦も多くおられる事でしょう。私が思うに、そうしたご夫婦に足りない物は、素直に折れる心だと思っています。これは単に、相手のわがままを聞くという事ではなく、相手にも事情や理由があるのだから、その意見は尊重するべきである、という心がけを意味しています。

例えば、夫である私が夕方に帰宅したとします。妻は夕飯の準備中でしたが、流し台には洗い物が溜まっています。そこで妻からの「洗ってよ」の言葉に、「疲れて帰って来たのに皿洗いか」などと文句を言ってはいけません。疲れているのは事実ですが、それは妻も同じ事。今まさに料理の最中で、洗い物に手が回らないのであれば、手すきの夫にできる事は、その洗い物を片付ける事です。

しかし、「洗ってあげたのに」などと思っていては、円満な夫婦には近づいて行きません。妻は夫の為に毎日家事をこなし、こうして今日も夕飯を作ってくれているのです。自分のできない事をしている相手だからこそ、労いと感謝の気持ちをもって、その要望に応えるべきだと私は思います。

また、共通の趣味を持つと同時に、自分だけの趣味に対しては、ある程度抑制をする事も大切です。

例えば、一緒に映画を観に行ったり、DVDを借りて観る時などは、相手の観たい物を聞いた上で、自分もそれが観たければ賛成し、そうでもない場合は、「次は、こっちを観よう」と、今回は素直に折れておきます。遊びに行きたい場所、食べたい物など、必ずしも夫婦で一致しない事もありますが、今回だけは素直に折れておきましょう。またこの次もある訳ですし、これから楽しもうという時に、わざわざ衝突する事も無いでしょう。

それから、もう一つ重要な心がけとしては、見返りを求めても、それを強要しない事です。自分から折れるという事は、相手にひとつ譲るという事です。つまり、貸しを作っている訳ですが、それを返せ返せとせっついてはいけません。いつも素直に折れているだけでなく、そこに相手を想う気持ちがあれば、やがてそれは伝わります。そして、気持が充分に伝われば、相手からも感謝と労いの気持ちが返ってくるのです。そんなお互いに相手を思いやれる関係こそが、円満な夫婦であり、それにはまず、素直に折れる心が必要不可欠なのだと、私は思います。

当たり前ではなく特別な存在だと認めることの大切さ

夫婦円満のコツとは、マニュアルや決まりがある訳でもありません。そして、何か特別なことをする訳でもないのです。これをやっていれば絶対に大丈夫ということはありませんが、お互いの存在を当たり前だと思わないこと、これに尽きると思います。相手の存在を当たり前だと思った瞬間から、人は大事にしなくなってしまいます。失った時に初めて、その存在の大きさに気付くのです。だから、常に相手のことを大事に思う気持ちを持っていれば、自然と円満になります。

たとえば、挨拶をきちんとするということ。これは、一緒に暮らしていると、段々いい加減になってきます。朝起きたら”おはよう”、家を出て行く時は”いってらっしゃい”、帰ってきたら”お帰りなさい”、何かをしてもらったら”ありがとう”、謝罪の言葉を述べる時は”ごめんなさい”など、他人に対してはできていても、身内になるといい加減になりがちです。でも、こういったコミュニケーションを大事にできるかというのは、実はとても重要なんです。ちゃんと自分の話を聞いているのだろうか、自分のことを見ていてくれるのだろうかという気持ちは、これらの挨拶がきちんとできていれば、芽生えることのない感情です。ちょっとしたことではありますが、重要な役割を果たしています。

また、約束事を忘れないようにすることも大事です。これがきちんとできていれば、話を聞いていないということにもなりません。更に、お互いの誕生日や記念日などの特別な日の事も忘れないようにしておくと、なお良いです。

そして、夫婦円満というのは、喧嘩をしないことではありません。

喧嘩をしたからこそ見えてくるお互いの気持ちもあります。喧嘩をしないで、我慢をして溜めこむ方が、後々修復できないほどの傷にもなってしまいます。喧嘩をしてぶつかっても、お互いが納得できるまで本音で話し合って、仲直りすれば良いのです。喧嘩をした方が、仲直りをした際に、以前よりも絆が深まるので、喧嘩も大事なことです。

一人の時間を持つこと

結婚して長くはありませんが、お付き合いしてから現在に至るまで喧嘩らしい喧嘩をしたことがありません。互いに穏やかな性格で、何かに対して怒ったりすることもほとんどありません。また二人が持っている興味や関わっている仕事なども全く違うため、衝突することがないことも大きな要因だと思っています。

のんびりとした性格の二人ですが、たまに私がイライラしてしまうことがあります。そういった時はなんとなく距離を取ってイライラが収まるのを待ってくれたり、家事などの仕事を率先して手伝ってくれたりします。

例えば子供の面倒を見てくれたり、食器を洗ってくれたり、洗濯物を干してくれたりです。振り返ってみてパートナーの小さな気遣いにありがたいと感謝することが多いです。どちらかが疲れたりイライラしたりし始めたときは、距離を取って落ち着かせる、クールダウンするための一人の時間を持たせるのが大事だと思います。

私も相手が疲れていそうだったり、短気になりかけている時は距離を取って一人の時間を持たせるように心掛けています。イライラや疲れがたまっている時に話を聞こうと下手に構うと、余計に刺激してしまうことってありますよね。悩みを聞いて解決してあげたいつもりだったのに、喧嘩になってしまう事もあるかも知れません。家族だからいつも一緒、お互いの事は全て知っていたい、共有していたいと言うのは私の持っているスタンスではありません。ある程度一人の時間を持てれば自分の中で整理して客観的になれたり、自分で感情を処理できたりする余裕が生まれると思います。

その時点になってから、「さっきは何かあったの?」「疲れてるの?」などの言葉を掛けても遅くはないと思っています。イライラしている時に言われたら、「どうしてこうしてくれないの?」と相手を責めるような言葉を投げてしまいそうですが、ちょっと落ち着けば「こうして欲しかった」と自分の意見として伝えられるように気持ちの整理もつくと思います。

特別に難しい事ではありませんが、どちらかが気づける余裕さえあれば衝突は避けられると思います。最初は他人同士から始まった二人の関係をなれ合い過ぎないように、少しの意識を持って生活することが大切なのではないでしょうか。

「ありがとう」は夫婦円満の魔法のことば

せっかく縁あって夫婦になったのですから、どうせなら夫婦円満に過ごしたいと思うのは当然ですよね。夫婦も結婚当初は円満にけんかもなく、甘い生活を無理せず送くることができるでしょうが、これが長い年月の経過とともに夫婦円満とはいかなくなってくるのが普通です。それでも円満な関係をを維持できている夫婦もいるということは、きっと何か秘訣があるのだと思います。

私と夫の関係で考えると、人からは夫婦円満ですねといわれたり、夫婦円満だと思われているんだろうなと感じることが多々あります。それはきっと口げんかや、外で私や夫がお互いの悪口や不満を漏らさないからではないかと思っています。それも夫婦円満になるコツかと思いますが、それはあくまで、世間に対しての夫婦円満像になるコツですよね。実際に妻と夫の間で満足できるような円満な関係を築くためコツ、それは「ありがとう」という言葉をお互いに伝え合うことにあると思っています。それはどんな小さなことであってもです。

例えば、夫が洗濯物をたたんでくれた、皿洗いをしてくれた、買い物に一緒に行ってくれた、出かけるときに車を運転してくれた、掃除を手伝ってくれた、高いところの物をとてくれた、とにかく自分がしようとしていたこと、しなければいけないことをしてくれたら、どんなことに対してもとりあえず「ありがとう」と伝えることです。「ありがとう」を伝えるのに、必ず心をこめて伝える必要はありません。もちろん心から伝えられるならそれに越したことはありません。

ただ、些細なことで感謝の言葉を伝えるのに毎回心の底からというのは難しいかと思いますので。ただ、「ありがとう」を伝えるのに毎回心をこめて言う必要はありませんが、相手を見ていうことは大事です。目を合わせる必要はありません。相手がそっぽをみていることもあるでしょう。でも、自分が感謝の言葉を伝えるときには必ず相手の方を見て言います。もしも相手が自分を見てたとして、そっぽを見て「ありがとう」といっている姿を見たらせっかくの感謝の言葉も伝わりません。心をこめて言わなかったとしても「ありがとう」の5文字は口をでた瞬間に感謝の言葉になります。相手が自分を見ていても見ていなくても、自分は相手を見て伝えましょう。たった5文字の「ありがとう」ですが、その効果は夫婦円満のためには絶大な効果があると思います。

〜新鮮さを保ちながら仲良し夫婦としてやっていくコツ〜

結婚7年目でも、恋人感覚を忘れないようにそして夫婦円満でいられるように幾つかの事をこころがけています。

まず、女性としての最低限の心構えをもっておくということです。

例えば、自宅でお手洗いをする時も少しもったいないような気もしますが必ず音消しをしたり、ゲップやおならなども旦那の前ではしないようにしています。

気持ちが通じあっていても、やはり毎日そういう自分の姿は女性としての魅力にかけるような気がするからです。
あと、話をする時にきちんとした言葉遣いを使うようにしています。「はぁ?」とか「しらんわ」などといったちょっと相手の気にさわるような返事はよほどでない限り避けるように努力しています。

次に、子供がいますので子供に対して「パパのおかげでおいしいものが食べられるんだよ。」とか「パパが怒るととってもこわいよ」などと必ず家の中で旦那を1番上であることを家族間で共有するようにしています。
新しい習い事を子供が始める時や私自身が新しい仕事を始めたりする時もきちんと旦那の許可をとるようにしています。
きちんと旦那が理解してくれることでやりたい事を応援してくれますので、やり始めてから夫婦間でもめることがありません。

あとは、きちんと家事を夫婦で分担するようにしています。基本的には旦那が1番。というように家族間で共有はしていますが、洗い物や洗濯干し、ご飯炊き、ゴミ捨てなどは旦那に結婚当初からお願いするようにしています。そうする事で私自身も家事を1人でやっている感覚はなく精神的にとても楽なので、家事がしんどくて旦那に対していらいらする事は非常に少ない状態できています。
旦那に家事をお願いする時も、当たり前にやってもらうのではなく「洗い物や水仕事をしてくれてるから手が荒れなくて綺麗でいられるよ、ありがとう」などと感謝を毎月1回以上は伝えるようにしています。
それを伝える事で旦那も機嫌良く家事をやり続けてくれています。

最後に大切にしていることは、時間がある時には二人で近くのファミレスでお茶をしたりコンビニで一緒にアイスを食べたりと恋人の時にしていたようなデートを時々したりして、新鮮さを感じるようにしています。家にいる時は、旦那の好きな曲を一緒に聞いたりすることで、普段とは違う時間の過ごし方をする時も作っています。

わたしの夫婦円満の秘訣

結婚25年をむかえました。あっという間だった気がします。未だに、周りからラブラブだね、と言われます。私達も、ラブラブだと思っています。はい、夫婦円満です。

家の中ですれ違う時は、自然とお互いにハグします。いってらっしゃい、お休みなさい、とキスもします。スキンシップはかかせません。子供の前でも、ハグしてキスもします。そういう仲良し夫婦を見て育った息子は、とても優しい子に育ってます。子供は愛を身近にいる家族から学びます。そういう意味でも、夫婦円満は大事です。

こんな私達も、最初の3年ほどは、たくさんの喧嘩をしました。分かって欲しくて、分かり合いたくて、の喧嘩です。お互い独り暮らしが長かったので、ささいな生活習慣もぶつかるわけです。でも、喧嘩を繰り返すうちに、分かってくるわけです。ああ、この人はこれが嫌なんだな、これは我慢できないんだなと。そうなればしめたもの、それをしなければいいんです。

よく、それじゃぁご機嫌とってるだけなのでは?と言われます。いいんですよ。それで。旦那がニコニコしていると、こちらもニコニコ出来るじゃないですか。ニコニコにあふれた家庭の方が、暮らしやすいじゃないですか。

ただ、自分がどうしても譲れないもの、というものもあります。そうなった時は、話し合いです。分かってほしいと、とことん努力して話します。ここであきらめてしまうと、自分にストレスが溜まります。自分が不幸になると、それは相手にも伝染します。そして相手の不幸がイライラとなって自分に返ってきます。負の連鎖です。

そしてあくまでも、喧嘩じゃなく、話し合いです。夫婦と言えども、他人です。お互いへの最低限の礼儀は必要。上から怒鳴ったりするのはもっての他です。相手の気持ちを尊重しつつ、自分の言いたい事を主張します。相手の言葉をまず受け入れて、理解を示した上で、自分の思う事を伝えます。頭ごなしの相手への否定から入ったら、相手はかっとして聞く耳をもたなくなり、話し合いにならなくなってしまいます。

そういう意味でも、言葉のテクニックは大事です。それはおべんちゃらでも嘘でもありません。同じ事を言うのであっても、伝え方によっては大きく変わってしまうという事です。夫婦間にもこのテクニックは必要です。相手を傷つけて、なんの得があるでしょう。旦那は、妻は、あなたの家族、味方なのです。

そして、常に感謝の気持ちを伝えます。何かしてもらったら、ありがとう。ささいな当たり前の日常の事であっても、ありがとうと伝えます。ありがとうと言われて嫌な気持ちになる人はいません。人は人の中で生きていて、それは家庭もいっしょ。誰かに必要とされている。感謝されている。この思いは大事です。これを感じると幸せ度がアップします。言わなくてもわかるだろう。これはだめです。想いは口に出さなければ伝わりません。

スキンシップ、話し合いのテクニック、感謝を伝える。これが私の夫婦円満の秘訣です。

夫婦円満の5つのコツ

夫婦円満のコツは、

不満をため込まないで言いたいことがあれば相手に伝えること

不満を溜めているとこんなに我慢しているのに、と余計に不満が溜まってしまいます。そうするとある日思いが爆発してしまい大喧嘩になるなんて事もあります。しかし相手に言いたい放題するのは違います。自分の気持ちを伝えるにはユーモアを交えてみたり甘えるように話してみたりする事です。男の人は感情的にキーキー言うと引いてしまうようなので、あくまで優しくお願いするように伝えます。

お互いの事を尊敬し合う

働いている旦那様と家を守っている奥様、どちらも立派で手抜きはしていないです。どれだけやっても誰も褒めてくれなかったり評価してもらえないようでは誰のために何のためにやっているのかと途方に暮れてしまったりするものです。例えばお給料日に旦那様の大好きなものを奮発して用意して待っているとか、奥様の場合であれば休日などに家事を手伝ってあげるなど、お互いのやるべき事に対して自分の出来る範囲でご褒美をあげることでお互いの絆も仲も深まります。

身だしなみをきちんとする

気心が知れているからと言って、油断していてはお互いを異性と見れなくなってしまいます。完璧にとは言いませんが出来るだけきちんとして、お互いに異性として何時までも見れるようにしておかなければならないのでそのための努力も必要です。

どんな些細なことでも相談

お子さんがいればお子さんのことでも構いませんし、仕事のことや家計のことでも何でもいいですが、とにかく会話を作ることです。会話をしなくては夫婦円満は成り立たないと思います。1人で悩んで解決するより夫婦2人で色々と考えて結論を出してみた方が結果が出たときに嬉しいものです。

相談でなくとも日々の会話などでも、とにかく話をすることです。

常に感謝の気持ちを持って接する

旦那様がいなかったら生活は成り立たないし、奥様がいなかったら家のことが疎かになってしまいます。お互いに自分がやるべき事をきちんとこなしてこそ、今の生活があるので今の平和な生活を過ごせることに感謝をしていきます。いつもありがとうと言葉に出さなくても態度や行動で示していればお互い気持ちよくやっていくことが出来ます。

色々と思う事があっても、引きずらないで日々感謝の気持ちを持つことです。

私が実践している夫婦円満の秘訣

私たち夫婦は結婚して10年程になります。現在でも夫婦円満に生活を送ることが出来ています、今回はその秘訣をご紹介したいと思います。私たち夫婦は私の方が妻よりも5歳年上になります。ですが年上であるからといって彼女より上の立場でものを言ったりはしません。

どんな時でも対等にそして女性の気持ちをわかってあげようとする事が大切だと感じています。

彼女の意見を十分に尊重し、そして本当に訂正しなければいけないなと思う時にだけ優しく注意をするように心がけています。女性とはとかく愚痴をいいたい言いたい生き物だと思っています、そんな時には最後まで話しを聞いてあげましょう。話しの合間に「そこは違うんじゃ」とか「それはこうしたほうが」などの口出しは禁物です。女性は解決策や結論を求めてはいないのです。

これが一番大事なポイントかもわかりません。話すことによってスッキリしてそれでお終いなのです。ですから、男性としてはどうしても口を挟みたくなるような場合にもぐっとこらえて最後までしっかり耳を傾けてあげましょう。根本的に男性と女性の考え方は違うのだという事を理解しておく事も重要になってくるかと思います。

もう一つの夫婦円満の秘訣は尻に敷かれる事だと私は思っています、結局のところ男性は女性にはかなわないのだとも思っています。私自身も若い時にはそれは嫌だなぁと感じていた時期もありますが、ある時にそうする方が夫婦円満に生活していける事に気が付いたのです。

そして夜の営みも大切になってきます。奥さんの望む時には多少疲れていてもそれに応えてあげましょう。そうすることにより、今度はこちらがそういう気分の時にも嫌な顔をすることもなく自然とこちらに寄り添ってきてくれます。そしていつまでも女性として扱ってあげる事が何よりも必要な事なのではないでしょうか?

私自身も奥さんがいつまでも綺麗でいてくれたら嬉しいですもの、それはこちらにもいえることかもしれませんね。お互いに相手に求めるばかりではなく、こちらもいつまでも男性として身なりに気を遣ったりすることも大切ですよね。お互いがお互いを思いやる事が出来れば夫婦は必ずうまくいくと思っていますし、実際私たち夫婦はこれでうまくいっています。少しでも参考になれば幸いです。