子育て

珪藻土バスマット掃除のポイント!洗い方や干し方は?

お風呂上がりの足元をいつもサラサラに保ってくれる便利な珪藻土マット。

最近は機能性が優れているのはもちろん、おしゃれな色やデザインのものがたくさんあり、選ぶのに迷ってしまうほどです。

使ってみたいと思っていても、割れてしまうんじゃないの?と心配になったり、お手入れの方法がわからなかったりと購入をためらっている方もいるのではないでしょうか。

通常のバスマットよりも高価な場合も多いため、ぜひ正しい使用方法で長く愛用したいものですね。

それでは珪藻土バスマットの基本的な特徴とお手入れ方法についてみてみましょう。

さて、バスマットをはじめコースターや食品の乾燥材など様々な形で目にする機会が増えましたが、珪藻土っていったい何からできているのでしょうか。

珪藻土は化石をもとにできている自然素材で、表面に細かな穴が無数に開いているが特徴です。

この穴が水分を吸収、放出することで自ら湿度の調整をしてくれるため表面がつねにサラサラに保たれ、菌やカビが発生するのを防いでくれるのです。

そのため、通常のバスマットのようにこまめに洗濯する手間が不要だということが珪藻土バスマットの一番の良い点だと言えるでしょう。

毎日の特別なお手入れが不要な珪藻土バスマットですが、長持ちさせるためにはいくつかのポイントがあります。

と言っても難しいことはなく、基本的には週に1~2回、立て掛けた状態で陰干しするだけです。

湿度の高い時期や冬場は干す回数を少し増やすとなお良いでしょう。

吸湿性が落ちてきたかなと感じたら天日に当てて干すという方法もありますが、この際注意する点は、あまり長時間干さないということ。

長時間天日にさらすと割れてしまったり反ってしまうことがありますので15分程を目安にすると良いでしょう。

また、干すために持ち運ぶ際は高いところから落としたり上下から強い力を加えると割れてしまうことも考えられますので注意を。

丁寧に扱っていても長期間使用していると、皮脂や垢で表面の細かい穴が詰まりどうしても吸水性が低下してきます。そんな時はサンドペーパーや水を使って掃除することで吸水性を元の状態に近づけることができます。

サンドペーパーを使う方法は、初めに少し粗めのペーパーでよく使うあたりを中心に削り取るようにこすり、仕上げに目の細かいペーパーでなめらかに整えます。そして最後に出てきた削りかすを乾いた布で拭き取ります。

次に水を使う洗い方ですが、商品によっては直接水をかけて洗うことができないものもありますので、その場合は濡らして固く絞った雑巾やスポンジで表面を拭き取ります。

この際、優しく拭き取るというよりは汚れかき出すつもりでしっかりとこするようにするのがポイントです。

ただし、よけいに目詰まりしたり菌が繁殖する原因になるため石鹸は絶対に使用してはいけません。拭き終わったら先にご紹介した方法で干してよく乾燥させれば完了です。

このように普段からちょっとしたお手入れを忘れないことで、常に清潔でサラサラな状態を保つことができますので、ぜひお試しください!

ブラザーミシンCPS42の使い心地

子どもが幼稚園に入園する際に絵本袋や給食袋など手作りする必要のあるものが出てきたので、ミシンを購入することにしました。手芸に関しては全くの初心者である私は、具体的にどのような機能がついたミシンがあるということすらわからなかったので、自宅でインターネットを見てミシンについての予備知識を見てから比較して購入することにしました。

ミシン選定でこだわったポイント

私は手芸が苦手なので子どもの幼稚園や学校などで使うなどどうしても必要なもの以外はミシンを使って手作りすることはないと思い、できるだけ機能がシンプルで値段も安いものを選びたいと思って条件に該当するようないくつかの種類のミシンを検討しました。

自分の身内やママ友など実際にミシンを所有している人からの話では、買ったばかりなのにすぐに故障したりして修理に出さなければならなかったり、買い替えなければならなかったという話を聞いていたので、ミシン自体そんなに壊れやすいものなのかという不安がありました。

また購入前に店舗で商品自体は見ることができるけれども、実際に商品を使って試しに何かを縫ってみたりできる機会はほとんどないので、商品の外観や説明書きや写真だけを見て気に入って購入しても実際に使い心地が悪かったりして使いこなせないかもしれないという不安もありました。

CPS42を選んだポイント

インターネットでさまざまな機種を検討した結果、ブラザーのCPS42に決め、購入しました。購入の決め手は、コンピューターミシンの中では最も安い値段の部類で、機能に関してもボタンが少なくて操作がしやすく感じ、ミシン初心者の私にも使用方法がわかりやすく感じたからです。また自宅にミシンを置く場所が確保できなかったので、できる限り小さめのミシンにしたいと思って小ぶりだったこの機種を選びました。

ブラザー CPS42

CPS42の良かったとこ

CPS42は操作するボタンが少なく、ミシン初心者の私が使用してもそれほど迷うことなく使えるだろうとは思っていましたが、予想通り難しい設定などしなくても使えるのがいいと思いました。縫い方のパターンとして20種類ほど設定することが可能ですが、実際に使うのはほぼ直線縫いなので無駄に多く機能がついていないことに満足しています。

また縫い物をする際に押えが下がっていないと警告音が鳴ったりして、ついうっかりして押えを下げ忘れる私としてはとても助かる機能になっています。

CPS42の物足りなかったとこ

CPS42の良くなかった点としては、キルティングの絵本袋を作る際など生地が厚くなった部分については非常に縫いづらかったことです。押えの部分があまり上がらないこともあって厚めの生地はうまく押さえられず、何度も糸が引っかかったり、針を折ってしまったりして製作するのに余分な時間がかかってしまいました。

CPS42は付属するワイドテーブルが取り外し式になっていて、ミシンと一緒に収納ができずに困っています。ミシンを使って作るものはコップ袋や給食袋など小さ目のものがほとんどなので、ワイドテーブルを使用することはほぼないのですが、別々に収納しておくといざ使いたいという時に見当たらなかったということもあるかもしれないと思っています。なのでワイドテーブルをミシンと一緒に収納できるようにできればよかったと思っています。

BE-END635T2を購入

パナソニック:ELECTRIC ASSISTED BICYCLE DX(BE-END 635T2)

我が家は車がないため、どこに行くにも自転車です。子供がだんだん大きくなり、重くなる子供と多くの荷物を同時に乗せて坂道を上るのが辛くなったためELECTRIC ASSISTED BICYCLE DX(BE-END635T2)の購入を検討しました。

ちょうど母が体力的に自転車をこぐのがきつくなったとのことで一足先に電動自転車を購入したのですが、5万円以下の安いものだと「走り出しの踏み込みが重い」「すぐにバッテリーが切れる」「乗り心地があまりよくない」と言っており、さらに自分も試乗してみて感想通りだと感じたため近くのホームセンターで相談した結果、しっかり安全性が確認されていると評判の大手メーカーのものを購入することにしました。お値段は10万円弱です。

電動アシスト自転車はとにかく本体の値段が高いことに加え、「バッテリーは2~3年ほどしかもたず交換に2~3万円近くかかる」と教えられたことでかなり購入までに悩みました。悩んでから購入までに半年以上かかっています。

結局成長する子供と「米・調味料」などなど重いものを買い物した際の重量に耐え切れず購入に踏み切りました。
 
購入した電動自転車はパナソニック:ELECTRIC ASSISTED BICYCLE DX(BE-END 635T2)です。
 
決め手は安全性と、購入前のリサーチです。他のママさんにどこの電動自転車を使っているか見せていただいたところ、この自転車(ELECTRIC ASSISTED BICYCLE DX(BE-END 635T2))が圧倒的に多かったのです。逆に購入後、こちらが購入した自転車に乗って「ケチらずちゃんとしたものを買えばよかった、値段で躊躇してしまった」とのお話も伺いました。
 
走り出し時にちょっと力を入れて踏み込むと一気に加速してしまうので横断歩道などでの発進には注意が必要ですが、とにかく楽!坂道だけではなく台風の時なども追い風に負けず一定の速度を保ってくれるので安心、安定がとっても嬉しいです。あまりの使い心地に現在子供が35キロになっても使っています。ELECTRIC ASSISTED BICYCLE DX(BE-END 635T2)はお値段はちょっと厳しいところがありますが、十分モトをとれる働きをしてくれていると感じています。

バッテリーを忘れた時、切れた時はペダルが重くて女性の力では進まない!せめてもう少し軽くなれば、万が一の時も安心して乗れるのですが……常に満タンにしていますが遠出は怖くてできないかなぁと思います。またバッテリー交換は、電動自転車の働きを考えるとメンテナンスと考えて必要経費かなとは思うものの、こちらももう少し安くなればもっと購入しやすくなるのではないでしょうか。

ママ友の悪口を言うママ友の方が要注意人物でした

私は転勤族です。
第一子の娘を出産し、3年保育で幼稚園に入園した年の秋に夫が異動になり、家族で引っ越しをしました。

引っ越し前の幼稚園は、プレから通い、また、赤ちゃんの頃からのママ友もいて、
自然と溶け込めることができたのですが、
引っ越し後の新しい幼稚園では、皆さん親切にしてくれましたが、
やはり既に仲の良いグループのような状態になっていて、
元々積極的に人の輪に入るタイプではない私は、
率先して、新しい幼稚園のママ友の中に入らず、
人見知りの娘が幼稚園に早くなれることを第一にして、
父兄の方とは礼儀をわきまえて付き合うようにしていました。

そんな私に声をかけてくれた人がいました。
バスもある幼稚園でしたが、私は徒歩送迎で、同じく徒歩送迎をしている人でした。
仮にAさんとします。

とても親切にしてくれ、わからないことを教えてくれ、同じクラスのママ友との集まりに、私にも声をかけてくれました。
人懐っこく、でも気遣いをするタイプというのが私の印象でした。
年も近く、子供が幼稚園に行っている間にランチをするほど親しくなりました。

しかし、親しくなると、Aさんは別のママ友(仮にBさんとします)の悪口を言うようになったのです。
クラスが違うので、私はBさんと面識はありません。
Aさんの話では、Bさんに酷い嫌味を何度も言われた上に、自分の悪口を周囲のママ友に振りまいたということでした。
顔も見たくないくらい、AさんはBさんのことを嫌いになり、ことあるごとにBさんの悪口を聞かされました。

私は全く経緯がわからないので、
「Bさんに気を付けて」と言われれば「わかった」と言うしかありません。

年中になり、Aさんとはクラスが分かれて、Bさんと同じクラスになりました。
Aさんに散々Bさんの悪口を聞かされていたので、どんな癖の強い人かと構えたのですが、
特に親切でも意地悪でもなく、ごく普通の父兄という印象で、
しかも、BさんからAさんの悪口など、一度も聞く事はありませんでした。

Aさんは、その後幼稚園の方針が合わないと、子供を転園させたのですが、
私とAさんの付き合いはその後も続きました。
もう、幼稚園が別になったのに、度々Bさんのことを聞かれ、そして悪口も聞かされたので、
私はAさんが話すBさんの悪口については、その場だけ共感して聞き流すようになりました。
それさえなければ、楽しい時間を一緒に共有できる人だったのです。

Aさんとは子供が入学する小学校の学区が違ったのですが、
ある日「家を購入するかもしれない」と打ち明けられました。
購入が決まったら、私の娘と同じ学区になると言うのです。
それは素敵、もし引っ越ししたら教えてね、と言ったのですが、
その日以来、Aさんからの連絡はパッタリと途絶えました。

一度、こちらからメールで誘ってみたのですが、わからないと言われそれっきり。

忙しいのかな?
でも、引っ越ししたら同じ小学校だから、さすがに連絡が来るよね、と思っていたのですが、音沙汰なく、
入学式に配られた名簿で、Aさんの子供の名前を見て、初めて引っ越ししたことを知りました。

今後学校で顔を合わせることもあるだろうと、もう一度メールを送ったのですが、そっけない返事。
その後、別のママ友から、Aさんが私の悪口を言っていたという話を聞きました。

私には全く思い当たる節がないのですが、
Aさんの気分を害する言動を、私がどこかでしてしまったのかもしれません。
個人的に二人で出かけるほど親しくなったと思っていたので、とてもショックでした。

だけど、冷製に考えてみれば、会う度にしつこいくらいに何度もBさんの悪口を言うAさんは、
難しい人だったのかもしれません。
気遣いの細やかな人だったので、大雑把な私の行動が彼女にとってはありえないことだったのかもしれません。

幸い、Aさんと私の子供が同じクラスになることはありません。
学校で顔を合わせた時は、表面的には何事もなかったかのようにお互い挨拶をしておわりです。

引っ越しして寂しかったので、声をかけてくれたAさんにはとても感謝しています。
だけど、同時に、大人になって、知り合いの中で悪口を言うような人は、
やっぱり癖があるんだなと思いました。

特定ママの車に乗せてもらうことが常態化したママ友たちに疑問

子どもを持つと、複数のママ友とベビーカーで公共機関を利用してのお出かけがなかなか難しいイベントになってきますよね。

私たち、ママ友4人(各子ども1人)は、最初4人中1人だけが車を所有して運転していました。しかも大きい車だったので、乗ろうと思えば大人4人子ども4人乗り込むことはできます。それでも、ベビーカーを畳んで車に積んでもらうことに私は躊躇いがありました。どうしてもトランクとは言え、タイヤ部分の汚れが社内に付着するのは避けられません。その上、一番の問題はチャイルドシートが子どもの人数分無いこと。これは当然のことですが、運転するママ友のお子さん分しかありません。

それでも、”一緒に水族館に行こう”なんて話になると、当たり前のようにそのママ友の車に乗せて連れて行ってもらう流れになります。そのママは子どもをベビーカーに乗せて電車やバスなどに乗ったことがない人で、”自分は車で行くからついでに・・・”という感じでしたが、時々、”もしかしたら負担になっているんじゃないかな?本当は乗せたいわけではないんじゃないかな?”と思わせる瞬間があり、でもそういうことを言えない人柄のママなのでどう声をかけていいかわからずダラダラと甘えていました。
一方で、私以外の2人のママは、乗せてもらってラッキーという感じで躊躇している様子もありませんでした。

私は、乗せてもらった時にもし警察に捕まったら違反しているので申し訳ないという気持ち、そのママ友一人に運転の負担をかけてしまう気持ちがありましたし、ベビーカーを4台も積むことで車内が汚れてしまったらご主人はどう思うだろう?という申し訳なさがありました。もちろん、事故があった時にチャイルドシートに乗せていないことで後悔しても遅いという気持ちもありました。

ガソリン代、駐車場代だけは一人の負担にならないようにタイミングを見て”4人で割ろう”と声をかけて渡すタイミングを作っていましたが、この乗せてもらうことが他2人のママ友の中で当然になってきていることが嫌だという気持ちが膨らんでいきました。

それでも、女性同士の付き合いで”誰かの負担になることはやめようよ”ということはなかなか言い出せないもの。そんなこんなしているある日、運転していたママ友のお宅は車を買い替えたのですが、新車のトランクに青いブルーシートが敷いてあるのを目撃して、私の気持ちは固まりました。

やっぱり汚されたくないんですよね。当然です!それでも、また乗せる流れになるんだろうと思って新車に不似合なブルーシートを敷いているんです。

今までダラダラと甘えてしまっていたことにかなり反省しましたし、それからは乗せてもらう機会を作らないよう遠慮するようにしました。

運転するママ友も新車になってからそれとなく先に帰ったり、乗せる機会が減るように動いている素振りがあり、”○○さん、一人だけ帰ったよね”などと乗せてもらえなかったことを最初は文句混じりに言っていた他のママ友2人との関係が少しの間ギクシャクしていた時期もありました。そこで同じように文句を言うのは嫌だと思った私は自分で運転することに決めました。免許も車も所有しているものの10年来のペーパードライバーだったのです。

でも、これではいけないと運転を練習。自分と子どもの移動は自分たちで!というスタイルを行動で示したら、もう一人のママ友も同じくペーパードライバーだったので猛練習。最後の一人も今では免許取得のために教習所に通いだしました。言葉では角が立つのでなかなか伝えることができないちょっとしたトラブルも、行動を先に変えることで関係修復することができるんだな、と思いました。

ママ友の妊娠で縁を切ることに

mamatomo

仲の良いママ友が二人いました。どちらも子供がまだ赤ちゃんの頃、児童館で出会ってからの付き合いだったので動物園に一緒に行ったり、ランチをしたりと本当に仲良くしていました。

なんでも話すような間柄であったので、よく二人は二人目の子供が欲しいと言っていました。
私は一人っ子を希望していて、叶っているので二人目が欲しいという気持ちはよくわかってあげられません。

しかし本人達は切望しているようでした。

だんだん子供が大きくなるにつれてもう一度赤ちゃんを抱きたいという気持ちが強くなっていったようで、二人の口から頻繁に二人目が欲しいと聞くようになっていきました。

そうして遂に一人のママ友が妊娠しました。

とても喜んでいましたし、私もやっと叶ってよかったと一緒に喜びました。
しかし、もう一人のママ友は喜んでいませんでした。

なんで妊娠したのか。どうやって妊娠したのか。
私だって欲しいのに。なんであの子にばかり。ずるい。
このような事を私に言ってくるようになってしまったのです。

彼女から妊娠おめでとうという言葉でさえ出なかったため、妊娠した方のママ友はとても気に病んでいました。
たぶん妬ましいのだと思う。気持ちはわかるからしばらく距離をおくと彼女は言っていました。

その通りにしばらく二人は顔を合わせなかったのですが、しかしある日妊娠していないママ友が妊娠したママ友に会いたいと言い出しました。

彼女の家でお茶をしようという提案だったのですが、わざわざ自分から会いに行こうとするのだからさすがに冷静になったのだろうと安心してお家にお邪魔しに行くことにしました。
それが間違いでした。

お茶をしながら、高齢出産なのだからどんな子が産まれるかわからないんだよ等のネガティブな発言ばかりを繰り返したのです。
恐ろしくなってすぐにママ友を連れて帰りました。

道中で、産まれなければいいのにとママ友が言っていて、本当に怖くなってしまって彼女とはそれから一切連絡をとらなくなってしまいました。
妊娠したママ友も、彼女とは縁を切ったと言っています。

妊娠の話はおめでたいものというイメージしか持っていなかったのですが、よく考えたらナイーブなものですし、トラブルの原因にもなり得るのだと思います。
考えが及ばずにお家にママ友を連れて行ってしまったことで、友人を一人失ってしまって後悔しています。