噛み合わない両家を持った結婚に大後悔

私の結婚は、主人を婿に貰うという形で決まりました。主人は、3人兄弟の長男で、主人の実家は自営業でしたが、弟が跡をついでおり、婿に出してもいいと言われたためです。(私の実家も自営業を営んでおり、女姉妹の長女にあたるので、結婚するときは婿に来てくれる人と幼い頃より言われていました)

結婚前2年間の同棲生活の中で、遠方に住んでいる主人の両親とはよく電話で会話をしており、「早く結婚しちゃいなよー」と言った軽い感じで義両親から言われていました。

実際に結婚が具体的になり、結納はやらない代わりに、顔合わせをしようと決まり、私の両親を連れて主人の実家がある高知へ出向きました。義両親からは、「こっちまで来てもらえるなら、こっちでの段取りは任せてくれ」と言われていたので、顔合わせの場所など全てお任せしました。

しかし、前日になっても何の連絡もなく、どうなっているのか尋ねても「気にしなくていいから」と言うばかりでした。そして当日の朝になって、場所はどうするのか聞くと「ひろめ市場にしよう。あそこは名物が食べられるから」と言ってきました。ひろめ市場は、室内の屋台村のような場所で、確かに名物は食べられるかもしれないけれど、結納の変わりとして顔合わせを行うのに、それはないだろうと思い、急遽個室のある地元料理が食べられる料亭を予約しました。

顔合わせの場では、婿に貰う件や、結婚式は私が住んでいる関東で行う件など全て承諾頂き、和気あいあいと終わったのですが、お会計の場になり、私たちが元々出す予定でいたのですが、「お前は婿に行くのだからお金を出すな。全てそっち(私側)で負担しろ」と言ってきたのです。顔合わせの場所決めの件といい、価値観の違いを実感しました。

自宅に戻り、いざ入籍の日取りを伝えると、義両親に大激怒されました。それはそれは、ここまで怒っている人を見たことがないという勢いで、電話ごしに怒鳴られ、忘れられない体験です。

怒っていた内容は、

「長男を婿に出すのに、結納金は一千も出さない気なのか」

「私側の両親から、婿に貰いますと一言も言われていない」

という内容でした。

そもそも、結納はやらない予定で顔合わせを行ったし、その件も義両親には説明済みで納得された上で両親を連れて高知まで出向いたのです。しかも、その顔合わせの場では「婿にもらう」という件もしっかりと話をしていました。

私の両親からは、<今回の結婚はもう少し考えろ>と言われましたが、ここまでくると諦めるわけにもいかず、無理を押し切って入籍しました。

それが全ての始まりで、最大の間違いであったと今になって強く後悔しています。

顔合わせからこのような状況でしたので、その後結婚式の段取り決めでも大バトル。結婚式当日も、両家の火花が見えるような式でした。お互いの友人は両家の関係をしっているので、面白かったというほどです。

さらに、ことあるごとに両家の意見は食い違い、その度にひと波乱あり。昨年出産しましたが、新しい命の誕生という場面でも、新たな戦いが始まりました。

もう少し、相手方の両親を見てから結婚を決めるべきだと実感しました。結婚はお互いだけでなく、家同士のものだと痛感しています。そもそも価値観の違いが顕著であり、考えを一切引かない両親を持ち、話がかみ合わない結婚です。私たち二人がよくても、今後両家の間ではぎくしゃくした関係が一生続くのかと思うと、板挟み状態の私たちです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*