妊活のつらさ

婦人系の病気、症状がなかったため、結婚1年後ぐらいに子供ができればと思っていましたが、意外にも簡単にできず、1年経ってもできませんでした。そのため、産婦人科で夫婦で検査を受けましたが、異常なしとの結果が出て、タイミング治療も薦められたため、診察を受けていました。まず、タイミング治療となると、この日に、夜の営みを必ずしてください。3日間連続がいいです。など指導があり、最初は、言われたとおりにしていましたが、毎月、そのような指導を受けても、妊娠しないし、他人に言われて、セックスするとなると、お互いのモチベーションもすごく落ちてしまい、本当に義務的な行為としか思えず、いつの間にか、早く終わってほしいと思うようになりました。

夫婦お互いに精神的に参ってしまい、高い診察料払っても効果がみえないため、タイミング治療をやめてしまいました。夫婦共に異常がないなら、自然妊娠ができると信じ、また、基礎体温をつけることから始めました。基礎体温が下がり傾向になってきたら、夜の営みを求めるようにしていましたが、旦那も仕事の疲れや夜勤などで、必ずしも排卵日前後、排卵日にできることがなく、旦那が悪いわけではないのに、チャンスを逃したと八つ当たりする日もありました。今月は、ぴったりとあわせてセックスが出来たと期待していると、生理予定日前は、ソワソワして、意味もなく気持ち悪くなったりと、想像妊娠症状が出たり、ネットで、妊娠超初期症状を調べたり、無理矢理、自分の症状とネットにある症状を同じだと思い込んだりして、きっと妊娠していると自分に言い聞かせてばかりいました。

やはり、このようなことばかりしていると、生理がきたときのショックの大きさ、もう、こんなに努力しているのに、なぜという気持ちばかりが募り、怒りと悲しみをどこにぶつけていいのかわからず、旦那にまた八つ当たりしていました。旦那には、もう毎月、イライラされて、怒鳴られるぐらいなら、子作りなんてしないほうが、マシとまで言われ、大喧嘩となりました。

義理母からは、不妊治療の病院はあそこがよいとか、この漢方を飲めば効果があるとか、会うたびに言われ、心配してくださってるのは、よくわかるのですが、すごくストレスで、高価な漢方薬も飲む気にもなれませんでした。結局、ストレスが原因だったのかもしれませんが、子作りから4年が経ち、引越しなど、環境の変化、自然妊娠の諦めなどが重なり、気持ちが楽になったとたん、セックスも子作りのためでなくやったせいもあり、自然妊娠することができました。やはり原因不明な不妊は、ストレス、プレッシャーが原因だったのかもしれないと自分の中で思っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*