この時ばかりは敵です

結婚してすぐに子供を授かったのですが流産してしまいました。それから、主人に今度子どもを授かるときはきちんと子作りをすると言われました。

術後の私に対して申し訳ない感情が芽生えたらしく、それからはそういうことを全くしなくなりました。

私も今年で27になるので、母親からも早く子供を生んだらと毎日のように言われ、精神的にも参ってしまい、今まで母親からそういうことを言われていると主人伝えないように頑張っていたのですが、打ち明けました。すると、俺のタイミングがあると言い返してきました。

子作りを始めたらすぐに妊娠すると思っているらしく、もしかしたら時間がかかるかもしれないから、子作りを始めようと言ったのですが聞く耳を持ってくれません。また、主人も転職をしたばかりで自分だけで精一杯なのはわかるのですが、でもやはり女性には少なからずリミットがあると思っているので私はできるだけ早く子作りしたいと思っているのに、全然ダメです。このことで毎日のようにケンカをして、今まで結構仲良くしてきたのに、その絆さえも砕け散りそうな感じがします。

私もイライラして子どもを欲しいと思っていないのかなどと怒り任せに怒ってしまいますが、ケンカが終わるととても情けなくなり、涙がでてきてしまいます。

いつ子作りをしてくれるのかもわからない、私も年齢的に焦ってはいないけれどまわりからの期待やプレッシャーがあるので精神的に追い詰められている、でも十分な貯金もない、原因は大きく分けるとこれくらいしかないのに、どうしてこんなに辛い思いをしなければならないのだろうと思っています。

女性は早く子どもを授かったほうが後々楽だというのは分かっていますが、主人はまだ覚悟が出来てないのかもしれません。生まれる前から覚悟などはないと思いますが、主人は私のことを考えてくれての行動なので邪険にすることもできなくて辛いです。

子作りを考えているのに、二人とも全く違うことを考えていて、話が平行でいつこの戦いが終わるのだろうと真剣に悩んでいます。

早くこの精神的ストレスを解消したいのに、結局主人次第だというのが気に食わなくてモヤモヤしています。女性と男性では意識することや考えが全く違うということは身にしみてわかりました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*