妊活中の周囲との付き合い方

私は結婚して3年ほど経ちます。年齢的にも早めに子供が欲しかったので、結婚して半年ほどしてから妊活を始めました。

最初は自分なりに排卵日を特定してタイミングを計っていましたが、なかなか授かれませんでした。その状態が1年ほど続いたので、一度きちんと病院で診てもらおうと婦人科に通い出したのです。子宮ガンの検査や血液検査によるホルモン状態など、妊娠に適しているかを一通り検査してもらい、特に異常はなく妊娠可能の体でした。そしてそのままその病院で妊娠出来るようにサポートしてもらうことになったのです。

まずは排卵日を内診と尿検査によって先生に特定してもらうタイミングから始めました。タイミングを3カ月ほどしてみましたが授かることは出来ませんでした。途中で旦那の精子検査や卵管造影検査などをしていき、それぐらいまでは一歩ずつ妊娠に向かっている気がしていたのです。それまでは自分なりで手探りで妊活をしていたので、きちんと専門医にサポートしてもらえるということで安心していたのもあったかと思います。

ですが、そのタイミングですら授かれず、だんだん気持ちが沈んでいくのを感じていました。「妊娠可能な体なのになんで妊娠出来ないんだろう」という、不安と結果が出ないことに対するイライラです。

さらにそんな私に追い打ちをかける出来事が起こりました。それは仲の良い友人が、たった一回のタイミングで妊娠をしたことです。その友人は私が妊活を始めた当初、「私はまだ子供はいらない」と言っていたのですが、だんだん子供が欲しくなり一度タイミングをやってみたそうです。

そしたらその一度のタイミングで見事に妊娠出来たということでした。正直、素直に喜ぶことは出来ませんでした。

全然授かれない私に対する嫌味かとすら思えてしまったほど、自分でも気付かないうちに妊娠が出来ないことに対して情緒不安定になっていたのです。

こういうときは周りに何を言われても前向きに考えられないんですよね。

母からも「そんなに必死にならない方がすぐ出来るよ」と言われましたが、必死にならないと妊娠出来ない私みたいな人もいるんだよと言い返してしまいました。

母親世代は今ほど不妊に悩んでいる人が少なく、自然に出来るという考え方が多いみたいで、確かにそれもそうかもしれませんが、自然に任せても出来ない人だっているんですよね。それに妊娠には個人差が多いので、軽はずみなことを言わないでほしいという気持ちでした。それがますます自分を追い詰めている気がしたので、私はそれから周りの人には妊活しているという話をしなくなりましたね。

誰かに聞いてほしい気持ちもありましたがデリケートな部分ですし、あくまでマイペースに妊活が出来るようにしています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*