お互い妊娠に対する思いにギャップを感じました

私が夫と結婚したのはお互い30代前半の頃でした。暫くは、自分たちのやりたい仕事や趣味があったので二人だけの生活を楽しんでいました。当時は充実した生活だったので、このままずっと二人だけの生活でも良いかなと考えた事もあります。

しかし私が30代半ばに差し掛かった時、子供が欲しいと強く思うようになりました。女性が妊娠出産するにはどうしてもタイムリミットがありますから、私も本能的に子供を望むなら今しかないと感じたのだと思います。

夫に子供のいる生活はどう思うかと聞くと、子供がいれば楽しいと思うけれど、いまいち想像ができないといった感じでした。

付き合いだしてから結婚まで10年かかったので、あまりにも二人でいる事に慣れきっていたからかもしれません。

しかし、夫に子供が欲しいと思うのなら、私の年齢を考えると今すぐ妊活しないと厳しい状態だと伝えると納得してくれました。

それから私は、妊娠に向けて葉酸などのサプリメントや漢方薬を飲んで体調を整えたり、生活習慣や食生活に気を付け、大好きなコーヒーをやめて妊娠しやすい体になるように努力しました。それでもなかなか妊娠しなかった為、基礎体温を測りグラフにして排卵日を調べる事もしました。

しかしいざ今日が排卵日と言う日に限って夫が乗り気でなかったり、すぐに眠ってしまうと言う事が度々あり、ついには大喧嘩してしまいました。年齢的に焦りがあったのと、私の方はこんなに努力しているのに、夫は何もしてくれないという気持ちが爆発してしまったのです。

その後、気持ちが落ち着いたときにゆっくりと話をしたのですが、夫の方も一生懸命になりすぎる私にプレッシャーを感じていたようです。それ以来、あまり必死になって妊活する事をやめました。その代り二人で温泉に行ったり遊びに行ったりする機会を多くしました。

よく妊娠を諦めた頃に赤ちゃんができたという話を聞きますが、私の場合もそうだったようでこの時期に妊娠することができました。気持ちが楽になりこのまま二人だけの生活でもいいかなと思い始めた矢先でした。

無事に妊娠出産までこぎつける事ができましたが、今思うと妊娠に対する思いはやはり私と夫では大きなギャップがあったのだなと思います。夫は私の年齢的な焦りをいまいち理解できず自然に任せたい、私は年齢を考えたら一刻も早く妊娠したいという感じだったと思います。

お互いよく話し合わないと決して埋まることのない溝だと思います。

あの時大喧嘩した後、自分達の思いを言い合った結果妊娠する事が出来たのだと思っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*