一人の時間を持つこと

結婚して長くはありませんが、お付き合いしてから現在に至るまで喧嘩らしい喧嘩をしたことがありません。互いに穏やかな性格で、何かに対して怒ったりすることもほとんどありません。また二人が持っている興味や関わっている仕事なども全く違うため、衝突することがないことも大きな要因だと思っています。

のんびりとした性格の二人ですが、たまに私がイライラしてしまうことがあります。そういった時はなんとなく距離を取ってイライラが収まるのを待ってくれたり、家事などの仕事を率先して手伝ってくれたりします。

例えば子供の面倒を見てくれたり、食器を洗ってくれたり、洗濯物を干してくれたりです。振り返ってみてパートナーの小さな気遣いにありがたいと感謝することが多いです。どちらかが疲れたりイライラしたりし始めたときは、距離を取って落ち着かせる、クールダウンするための一人の時間を持たせるのが大事だと思います。

私も相手が疲れていそうだったり、短気になりかけている時は距離を取って一人の時間を持たせるように心掛けています。イライラや疲れがたまっている時に話を聞こうと下手に構うと、余計に刺激してしまうことってありますよね。悩みを聞いて解決してあげたいつもりだったのに、喧嘩になってしまう事もあるかも知れません。家族だからいつも一緒、お互いの事は全て知っていたい、共有していたいと言うのは私の持っているスタンスではありません。ある程度一人の時間を持てれば自分の中で整理して客観的になれたり、自分で感情を処理できたりする余裕が生まれると思います。

その時点になってから、「さっきは何かあったの?」「疲れてるの?」などの言葉を掛けても遅くはないと思っています。イライラしている時に言われたら、「どうしてこうしてくれないの?」と相手を責めるような言葉を投げてしまいそうですが、ちょっと落ち着けば「こうして欲しかった」と自分の意見として伝えられるように気持ちの整理もつくと思います。

特別に難しい事ではありませんが、どちらかが気づける余裕さえあれば衝突は避けられると思います。最初は他人同士から始まった二人の関係をなれ合い過ぎないように、少しの意識を持って生活することが大切なのではないでしょうか。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*