〜新鮮さを保ちながら仲良し夫婦としてやっていくコツ〜

結婚7年目でも、恋人感覚を忘れないようにそして夫婦円満でいられるように幾つかの事をこころがけています。

まず、女性としての最低限の心構えをもっておくということです。

例えば、自宅でお手洗いをする時も少しもったいないような気もしますが必ず音消しをしたり、ゲップやおならなども旦那の前ではしないようにしています。

気持ちが通じあっていても、やはり毎日そういう自分の姿は女性としての魅力にかけるような気がするからです。
あと、話をする時にきちんとした言葉遣いを使うようにしています。「はぁ?」とか「しらんわ」などといったちょっと相手の気にさわるような返事はよほどでない限り避けるように努力しています。

次に、子供がいますので子供に対して「パパのおかげでおいしいものが食べられるんだよ。」とか「パパが怒るととってもこわいよ」などと必ず家の中で旦那を1番上であることを家族間で共有するようにしています。
新しい習い事を子供が始める時や私自身が新しい仕事を始めたりする時もきちんと旦那の許可をとるようにしています。
きちんと旦那が理解してくれることでやりたい事を応援してくれますので、やり始めてから夫婦間でもめることがありません。

あとは、きちんと家事を夫婦で分担するようにしています。基本的には旦那が1番。というように家族間で共有はしていますが、洗い物や洗濯干し、ご飯炊き、ゴミ捨てなどは旦那に結婚当初からお願いするようにしています。そうする事で私自身も家事を1人でやっている感覚はなく精神的にとても楽なので、家事がしんどくて旦那に対していらいらする事は非常に少ない状態できています。
旦那に家事をお願いする時も、当たり前にやってもらうのではなく「洗い物や水仕事をしてくれてるから手が荒れなくて綺麗でいられるよ、ありがとう」などと感謝を毎月1回以上は伝えるようにしています。
それを伝える事で旦那も機嫌良く家事をやり続けてくれています。

最後に大切にしていることは、時間がある時には二人で近くのファミレスでお茶をしたりコンビニで一緒にアイスを食べたりと恋人の時にしていたようなデートを時々したりして、新鮮さを感じるようにしています。家にいる時は、旦那の好きな曲を一緒に聞いたりすることで、普段とは違う時間の過ごし方をする時も作っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*