カフェインはできるだけ避ける

私は妊娠中、できるだけカフェインを摂取しないように心がけていました。

カフェインは血流が悪くなったり、体を冷やすから赤ちゃんには良くないと聞きました。それを聞いてからは、カフェインの強い物は避けるようになりました。

妊娠前はコーヒー飲料大好きで、午前のカフェオレ、午後のカフェオレ、夜のカフェオレ、と1日に3倍はカフェオレを飲んでいました。
紅茶も大好きで、紅茶専門店でフレーバーティーなどを揃えているくらい大好きでした。

コーヒーも紅茶も飲めなくなって、毎日麦茶と水ばかりの日々でした。カフェイン絶ちを始めてからは味がなくて口寂しいと感じるようになりました。段々と飽きてきて、カフェオレや紅茶が飲みたくてストレスが溜まるようになりました。

赤ちゃんの為と頭ではわかっていても、体はカフェインを欲していました。

1人目の妊娠時は、まだあまりカフェインレスが浸透していなかったので、カフェインレスコーヒーはあまり種類がなく、たんぽぽコーヒーをためしましたが風味も少なくてあまりおいしく感じられませんでした。カフェインレスの紅茶もあまり種類がなかったので、全然おいしくありませんでした。

しかし、昨今の妊活ブーム、眠活ブームのおかげで今は沢山の種類のカフェインレス飲料がでています。

1人目の時はとにかく苦痛でしかなかったカフェインレス生活でしたが、2人目の妊娠時はおうちカフェが充実するほど楽しいカフェインレス生活でした。

カフェインレスのコーヒーも種類が豊富にあり、酸味の強い種類や香りが香ばしい物など、自分好みのカフェインレスが見つかります。紅茶も種類が豊富で、ストレートティー以外のフレーバーティーもたくさんありました。気分によって色んな味が楽しめて、ストレスはありませんでした。

1つだけ残念な事をあげるとすれば、カフェインレスのコーヒーや紅茶はあっても、カフェインレスの緑茶はまだあまりないという事です。

妊娠中もそうですが、産後の授乳中もカフェインの摂取は制限されます。妊娠期間も含めると数年間カフェインレス生活になる方もいます。この期間は、コーヒー紅茶好きにはとても辛いです。スタバの前を通るととても良い香りがして、誘惑に負けそうになりました。カフェインの入っていない飲み物で我慢する事も何度もありました。

それでも、出産が終われば、授乳が終わればまた飲めるようになります。カフェインを摂取する事がどれくらい悪影響なのかもはっきりしていませんし、どれくらいの量なら影響がないのかも実際にはわかっていません。

飲酒やタバコのように絶対にダメと言われている訳ではないので、誘惑に負けそうになりますが、人生の中で考えれば短い期間です。

赤ちゃんの為に努力した事は、無駄にはならないと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*