できることは何でもして、赤ちゃんを育みました

私の妊娠は38歳の時でした。結婚してから9年が経っていましたが、仕事が楽しくてなかなか子作りに積極的になれず、気がつけば高齢出産の年齢になっていました。主人の地元への転勤示唆をきっかけに、これを逃せば大好きな地元には定年まで帰れないだろうと思い、子作りをスタート。幸いにも思いの外、短期間で子宝に恵まれました。

1回目の検診で豆粒ほどの赤ちゃんをエコーで確認し、安心したのもつかの間、生理の2日目のような出血がありました。「ああ、ダメになっちゃった」と沈んだ気持ちで仕事を終えた後、病院で診察してもらうと「大丈夫です、赤ちゃん動いていますよ」と医師が教えてくれました。

「良かった、まだお腹の中にいる。」そう思った途端に、涙があふれて止まりませんでした。

その日からです。私はお腹の赤ちゃんのために、ダメといわれるものをすべてやめました。

アルコール、コーヒー、紅茶、そして、もちろんタバコも。朝ごはんはいつもトーストとコーヒーでしたので、コーヒーをやめることは辛かったですが、牛乳か豆乳を飲むことにしました。カフェインが含まれている緑茶もやめ、「赤ちゃん番茶」というノンカフェインの製品や麦茶に変えました。

自転車にも乗るのをやめました。二人目を妊娠したママ友が、免許がなくて車に乗れないため、上の子の幼稚園の送迎や買い物に自転車に乗っているのを知った時には、その方にとっては日常生活を送るのに必要なのだろうけれども、何かあったらどうするのだろうと、とても心配になりました。

私にとっては、一度はいなくなったと思った赤ちゃんだったので、元気に育って欲しいと、体重管理にもとても気をつけました。お母さんの体重が増えすぎると、妊娠中毒症などになりやすく、出産の時に赤ちゃんがうまく産道を降りてこられないなどのリスクがあると知ったからです。

私は小柄ですが、お腹まわりはいつも贅肉におおわれているようなぽっちゃり型で、お肉は大好きですし、食事でのダイエットは経験がありませんでした。ですが、「ダイエットのための献立」の本を買ってきて調理法を茹でる、蒸すに変えたり、魚中心の和食にしたり、野菜たっぷりの献立にしたり、と熟読してできるかぎり実践しました。

効果は目に見えてあり、検診の際にはいつも看護師さんから、いい体重の増え具合ですね、と褒めていただきました。

検診では一度だけ、血糖値に異常が見られたことがありました。原因は前日の夜遅くに、主人が会社の関係者からいただいてきた普段はめったに食べられない高級チョコレートを食べ過ぎたからのようです。それ以降の検査では、甘いものにも気をつけたために、検査でひっかかることもありませんでした。

妊娠中にいろいろ気をつけたことが良かったのかどうかは不明ですが、その時の子どもは元気いっぱいに育っています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*