3人目の子作りに対する考え方の違い

夫とは結婚6年目で、現在4歳半の娘と3歳の息子がいます。夫は結婚する前から子供は3人欲しいと希望していました。私自身も3人兄弟だったので、子供を3人持つことに違和感はありませんでした。そして3人産む予定で1番目と2番目は年を近く授かれたらと思い、その通りに2学年差で授かることができました。

ここまでは結婚当初から思い描いていた夫婦のプラン通りにいっていましたが、二人の子供を産んで育てているうちに私の考えは変わっていきました。

まずは2学年差とはいえ1歳半しか違わない子供二人の面倒をみるのは、思っていたよりもはるかに大変なことでした。寝不足なんて3年以上続いたのではないでしょうか。まとめて育つので下の子が3歳になった今はだいぶ手がかからなくなりましたが、ここまでは本当に自分の時間が全くないし、出かける気も起きないくらい大変でした。

そんな忙しい生活を送っているうちに3人目に対する気持ちが揺らいでいきました。私としては男女それぞれ授かっているし、それで十分だという気持ちが大きくなりました。

また、23歳で結婚し25歳で娘を出産し仕事を退職していたので、20代後半は育児に時間をかけてきました。30歳になる今年は、下の子も幼稚園に入園するし、自分の時間を作りたいという気持ちも強く芽生えるようになりました。少し息抜きにお茶をしたり、時間を見つけてパートをしたり、そうした充実した時間をもう一度過ごしたいなという思いが強くなっていました。

そこで夫から3人目そろそろ考えないかと言われました。確かにどんな顔をしているのかとか今の二人とどう遊ぶのかとか考えたら夢も膨らみます。でもそれだけでは子供は産めません。お金もかかります。そしてまた自分の時間を犠牲にしなければならないのです。こう考えてしまう時点で、子供を作るべきではないと私は考えています。

私は今の考えを夫に話しました。

夫も私に3人目を望む気持ちがないのなら無理にとはいわないとは言ってくれたものの、何度か3人目どう?と聞いてくるのであきらめてはいないのだと思います。

私が不安なことは経済的な面と他に3人も面倒をみていく自信がないことです。育児にあまり向いていないと自分でも感じる上に、1番最初の子の育児でうつになりました。夫はそれに気づいていませんし、仕事が忙しく泊まりになることもあるので、そういった面も心配です。

最大の不安は夫が子供を欲しがる割には手伝いをしてくれないことです。息子のおむつがえなんて片手で数えられるほどしかしたことはありません。毎週趣味の野球に明け暮れていた当時、育児なんてしていませんでした。息子を妊娠していたとき、もう二度と子供は作らないという誓いを勝手にたてていたほどでした。それは夫には話していませんが、世話をしてくれないし、3人目は無理だと言いました。すると、3人いたらさすがにやらなきゃなと思っていると言ったのですが、なぜ2人だったら何もしなくていいのかわからず、口だけだと思って受け入れてはいません。

子供を持つには女性側に相当の覚悟がいると思います。10か月お腹で育て、出産するのは女性にしかできません。それをできるか、支えてくれるパートナーなのか、時期的に問題はないのか二人でたくさん話し合って決めるのがいいと思います。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*