楽観主義の夫との妊活ギャップ

第一子を出産してから既に4年が経ち、元々子供は2人以上と希望していたことと、私自身が持病があり身体が弱いことから20代のうちに出産したいと思う私と夫の意識の違いに悩んでいます。夫は30代後半になってから第二子、第三子と続けざまに産めば良いと言いますが、私の体力が30代後半に年子の子供の子育てをするには絶対的に持たないと主治医からも言われていますし、30代後半の収入が頭打ちになり始めキャリアアップのための転職や私の再就職も無謀になる頃に子供を持つという不安もあります。

しかし、そんな私の意見は無視でまだ自分の自由な時間を主張してくる夫は納得してくれず話はいつも平行線のまま夫にまた今度とはぐらかされる毎日です。

とにかくまだ体力の持つ若い内に子供が欲しいと思い懸命に働いて貯金してきた私の独身時代のお金も、自由に使えるお金と勘違いしているのか、バイクが欲しいだとか車を買い替えたいだとかで使おうと必死に説得してきたりで、最近では夫は遊んだり欲しいものを買いたいがために妊活に協力的でなく、貯金さえしてこなかった自分を棚にあげて夫婦共通の財産と訴えてくる節に疑問を持ち始めています。

貯金の目的も話してはいるのですが、妊活の話をするとイライラしてくるらしく機嫌が悪くなるのですが、妊活はやはり諦めたほうがいいよね。と話をすると子供は絶対もう2人は欲しいと言うため真意が見えてこず更に不安になってきます。

夫の職業は大型トラックのドライバーで、昇給も特に見込めませんし、年を重ねるごとに体力的に無理が生じてくる可能性もあるとは本人も言っているのでお互いに意識のギャップはないと思い込んでいました。意識のギャップを埋め、なんとか年内中に妊娠したいと思ってもそういう雰囲気にもなりません。

私も今年27歳。今年妊娠したとして第二子出産時には28歳。第三子となると30代を確実に迎えることになると焦ります。夫は何と言えば、どうすれば妊活に協力してくれるのか、周囲に第二子を考えているママ友がいないため、孤独ななか試行錯誤する毎日に疲れさえ感じ始めています。

現在の情報源はインターネットなので、インターネット上だけでもコミュニティーを広げて同じような悩みを持つママさんと交流をもつよう努力しているところです。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*