自由が奪ばう結婚で後悔

結婚によって以下のようないろいろな自由が奪われ、後悔しています。

(1)体の自由

結婚により、体の自由が奪われます!

独身時代は、仕事から帰って、ご飯を食べたのち、疲れたからとって横になり、テレビを見たり、そのまま寝てしまっても、誰も何もいいません。

しかし、結婚するとそうはいきません。

食後は、食器を洗い、その食器を拭き、食器棚に片づけが終わるまでは、自分勝手な行動をする訳にはいきません。どんなに疲れていようとも、テレビを見たり、横になることは許されません!横になり寝てしまったりでもしたら、しばらく口をきいてもらえませんし、食事も出てきません。たとえ、自分が食器等の片づけをしない場合であっても、洗濯物をたたんだり、部屋の片づけをするなど、共に楽な時間が過ごせるようになるまで、家内労働に従事する必要性が発生します。

また、独身時代は、お休みの日にいくら寝ていても、どこに行こうと何をしようと自由ですが、結婚するとそうはいきません。

眠かろうが、行きたいところがあろうが、相手が行きたいところへ同行し、行き先までの運転手になったり、荷物持ち係になったりと体の自由は許されません!

さらに、結婚により親戚が増えることで正月やお盆の自由が奪われます。

お盆やお正月などの節目では義理の父・母、配偶者の親戚付き合いがあり、完全アウェイの中で大変疲れます。

正月やお盆などありはしません。

(2)お金の自由

結婚により、お金の自由が奪われます。

独身時代は、自分が労働にて稼いだお金は、食事・洋服・遊びなど、何にいくら使っても誰も文句はいいません。

しかし、結婚するとそうはいきません。

自分が労働にて稼いだお金は、一旦家計に入り、そこから僅かながらの分配金が渡されます。資金繰りを考え、100円使うのにも悩み、出来るだけ安い居酒屋を探し、できるだけ安い洋服を購入し、あまりお金のかからない遊びを探します。

(3)精神的な自由

精神的に抑圧されます。独身時代は、他人に迷惑をかけなければ、何をしようと自由です。

しかしながら、結婚すると、他人の人生に対する責任が産まれます。

病気をすれば配偶者に迷惑をかけ、離職や転職についても、何をするにも配偶者に相談し、配偶者同委の上、配偶者に迷惑を掛けないように実施しなければなりません。

自由が奪われてもいい相手じゃないと、結婚生活は続きませんね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*