お付き合いだけではわからないこと

交際15年を経て結婚に至りました。お付き合いのときには感じ無かった逃げ場のない閉そく感のような気持ちに苦しみました。それを安心感ととる方もいらっしゃると思いますが、私はそうはなれませんでした。以前のように女友達と彼氏のグチという感覚で夫のことを話すことはできません。何かイヤはことがあって相談しても、以前のように「じゃあ別れちゃいなよ」と簡単に言う友人もいなくなりました。

みんなが「つらいだろうけど我慢しなよ」という口調になりました。

長い間交際していましたが、他に一回もお付き合いしたいと思えるまでの男性には出会えませんでした。夫が一番だと感じていました。独身の時は色々と出会いがあるからね。とおっしゃる方も多いと思いますが、私は逆だと思いました。主婦になり、独身時代よりどんどん人脈や知り合い程度の人達が広がっていきました。

独身時代は見向きもされなかった、ご近所のお祭りやイベントの手伝いを頼まれるようになりました。

夫の職場の方や友人ともお付き合いするようになりました。みなさん結婚されているので、変な関係になることは絶対にないのですが「こんな素敵な男性もいるんだな」と思う方が何人かいらっしゃいました。そんな感情が生まれること自体、情けなくて嫌悪感に苦しみました。

かと言って独身時代のように、自分に都合のよい人達とだけ付き合っていくわけにはいきません。

自分のためだけに生きているわけではないので、夫のため家庭のために我慢しなければなりません。そんなこと当たり前だと思っていましたが、結婚当初は受け入れられませんでした。夫の親戚とも合うようになり、結婚前は知らなかったような借金や親類の問題も発覚しました。

結婚前とは態度が変わった人も多くいました。

ペラペラ何でも話すという男の人は少ないとは思いますが、「これは話しておいて欲しかった」ということが何個もありました。 夫本人のことではないので、結婚をやめたくなることでは決して無いのですが、お付き合いしているときに隠し事がなくても、結婚したら絶対に何かでてくる!と心しておけばよかったなと思います。

結婚したら自分だけの意思で物事や行動が決められなくなります。

誰にも邪魔されたくないことがあるのなら、精一杯独身時代にやっておいた方がいいと思います。結婚すると、親のように監視してくる人が30倍くらいに増えますからね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*